学校のセキュリティーと開放

学校での安全を確保

時間

学校を地域に開放しましょう

学校に不審者が侵入しないようにセキュリティーが厳しくなっています。近くの町内会や子供会で利用するために、校内の施設を借りるときにも、判断が慎重になっています。子供な安全を守るのは当然ですが、子供のためにも学校を地域に開放する方がいいでしょう。核家族が増えてお年寄りと交流がないお子さんも、地域の行事が開かれれば年配の方と触れ合うチャンスになります。勉強を教えるのは当然先生ですが、校外の人を講師として招くのもいいでしょう。安全を確保しながら開放していく方法を、みんなで知恵を出して考えていきましょう。

地域との繋がりは大切

地域とともにある学校づくり、そんな言葉をよく聞くことはありませんか。何故、今そのようなことを掲げるところが増えてきているのでしょう。子どもたちが被害者になることが多い世の中、そんな中で学校だけで子どもたちを守るのは到底不可能なことではあります。教師が四六時中張り付いてるわけにもいかず、保護者が目を光らせていいられる時期も少ないです。そんな時に地域が一丸となって犯罪や事故から周りの子どもたちを守るようにするのです。少しでも大人の目が光っていれば抑制にもつながります。様々なところと連携を取りつつ情報交換を行うなどしているようです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校のセキュリティーと開放. All rights reserved.