将来のため学校のルールを守る

学校での個性とは

時間

学校のルールはきちんと守る

学校にはそれぞれ決められたルールがあります。例えば、制服や髪型やカバンなど持ち物の指定があります。しかし、なかには自分の個性をもっと大切にしたいと思う生徒もいるかもしれません。もちろん個性はとても大切です。しかし、学校で決められたルールをきちんと守るということを若い時にしっかり身につけておくなら、社会人になった時にも役立ちます。会社内や職場の人との間で決められたことを、しっかり守って責任のある仕事を行うことができるでしょう。それで、若いうちに決められたことをきちんと守るという習慣を身につけておきましょう。

ルールの大切さとは何か

学校には校則などのルールがあります。在校生は守るのが当然ですし、卒業してからも社会人として気に留めておいたほうがいいこともあります。守らない生徒には先生から罰を与えられることもありますが、暴力に訴えると体罰として問題になります。集団生活の学校ですから、ルールを守らない生徒のほうが悪いのですが、度が過ぎると体罰から傷害になりますので、線引が難しいところです。高校生にもなったら十分大きいわけですから、校則を指定されるよりも、生徒会を中心に自分たちで守るべき基準を定めるのもいい社会勉強になるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校のセキュリティーと開放. All rights reserved.